Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
                
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
Recommend
OHFUKA the 15th Anniversary Issue
OHFUKA the 15th Anniversary Issue (JUGEMレビュー »)
欧風花インスティテュート
2005年秋に発売した写真集です。全国から303名参加。アイディア溢れ、見応えあります。
Recommend
欧風化―光と風と水の三都に創る
欧風化―光と風と水の三都に創る (JUGEMレビュー »)
欧風花インスティテュート
日本各地、クレタ島、イスタンブールロケの作品集。今井友一カメラマンの迫力ある写真です。
Recommend
だれでもできるフラワーデザイン教室
だれでもできるフラワーデザイン教室 (JUGEMレビュー »)
欧風花インスティテュート
アレンジ、コサージュ、ブーケからギフトの花までを網羅。
Recommend
花のテーブルデザイン―欧風花からのメッセージ
花のテーブルデザイン―欧風花からのメッセージ (JUGEMレビュー »)
堀江 英子
生活の中からパーティーの花まで、テーブルコーディネイトも参考になります。
Recommend
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ビギナークラスからの質問状
0
    押し花クラスのNさんが避暑地の信州から「オニユリが咲いてるんですけど、どうやって押したらいいですか」との電話をくれました。
    確かにあの立体的な花は、ビギナーさんにとっては難しく感じてしまうかも。
    「普通は花弁やシベを分解して押し、デザインする時に組み立てるんだけど、私は時々大胆にもそのままペシャッと押してしまうこともあるわよ。思い通りの形にするのは少し難しいけど、自然で面白い感じに出来ることもあるわ!沢山あったら、いろんなやり方を試してみたら」と、電話を切ったのですが、上手く出来たかな?

    ユリといえば、自然種でも100種、園芸種は1000種を超えるそうな。
    レッスンで生徒さん達に人気なのは何といってもカサブランカ。あの華やかな存在感に魅かれるのかしら。
    私はというと、今のところ、ユリで好きなのはオニユリ、ササユリ、鹿の子ユリのこの3種。
    オニユリは色や形、咲き方にとても魅かれるし、ササユリは何といってもやさしい色と甘い香り、あの楚々とした表情がたまらない。鹿の子ユリはちょっとグロテスクな感じもするけど、ハッキリ理由はなく、なぜか魅かれてる。
    ユリといえばユリ根を連想。
    私はひょっとしたら花よりもユリ根の方が好きかも。笑
    和え物、蒸し物、炒め物、何に加えても美味しいけど、一つずつ剥がして素揚げして、パパッと塩をふるだけで最高のお酒のつまみだわね。
    posted by: hanaharumi | ちょっと小話 | 00:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.hanaharumi39.com/trackback/560131
    トラックバック